• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

玉能回路

週刊「玉能回路」は毎週水曜日更新です。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛い文章

  1. 2017/01/11(水) 09:00:00|
  2. 週刊「玉能回路」
  3. | コメント:0
書きたいと思うことが次々と沸いてきて 寝る間も惜しいと思う時もある

書きたいことが一行も文にならず 困り果てる時もある

昨年インフルエンザで高熱を出した
ガタガタと震え またたくまに体温は40度を越えた
タミフルを飲んでストンと下がったが 薬が切れると また熱が出た

今だから嗤いばなしだが
朦朧とする意識の中で このまま死んでしまうのかと思った
随分簡単に人は死ぬものだと思って また眠りに落ちた

この経験がいけなかった
このあと 体力を回復したにも関わらず 私の書く文章はひどいものだった
緊迫感 厭世感 悲壮感 が束になって気持ちに突き刺さってくる
そしてこんな時だからなのか 次から次から痛い言葉が浮かんでくる

今、秘蔵のノートを読み返すと、
 こんな 「痛い文章」を人様にお目にかけなくて本当に良かったと思う

 痛いのは 何だって苦手である
 憧れは 「痛くないよに 殺してよ 怖くないよに 化けて出る」の域 
いや粋さだ。

もう二度と あの熱の乱高下も御免こううりたいが
それより何より 
どんな時も 痛くない言葉を紡げる書き手になりたいと思う新年である。



<<蝋燭の灯 | BLOG TOP | GIFT>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

<<蝋燭の灯  | BLOG TOP |  GIFT>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。