玉能回路

週刊「玉能回路」は毎週水曜日更新です。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風の夜

  1. 2016/08/31(水) 07:35:10|
  2. 週刊「玉能回路」
  3. | コメント:0
くるぞ くるぞ で始まった台風の夜
大きな蝋燭とマッチ 
懐中電灯と黒い皮ケースのトランジスターラジオ
たくさんのおむすび

今日はお洋服のまま休みなさい と言われた夜のあの興奮

雨戸の向こうで咆哮する 雨と風の怪物
何度も消えそうになり 見上げる電球
それでも 怖いと思わなかったのは 家族皆が揃っていたからだろうか

行ったみたいだね 行ったね で終わる台風の夜

何かが今と違う、ひと昔前、いやいくつか昔前の 台風の夜



スポンサーサイト

虫すだく

  1. 2016/08/24(水) 05:52:54|
  2. 週刊「玉能回路」
  3. | コメント:0
我が家で一番の早起きだった愛犬も 
12歳を過ぎて すっかりお寝坊になった

毎朝 起こされ続けて 体内時計が出来上がってしまった私は
必要もないのに 早起きをする

今朝は思いがけなく 涼しい風
虫の声は 風流を通り越して かまびすしい

そんなに鳴いたら疲れるだろうに
「人生 たまには ゆるーく ゆるーく」
友達に貰った ありがたい言葉を 虫に向かって言ってみる



背負い水(せおいみず)

  1. 2016/08/17(水) 08:52:58|
  2. 週刊「玉能回路」
  3. | コメント:0
人はそれぞれ 一生飲む分の水を背負って産まれ
飲み尽くした日が 命の終わりなのだと言う

酌み交わす愉しみの終わる「背負い酒」の尽きる日もあるのだろうか

いつ叔母の病院から呼び出されるかわからない緊張状態が続いていて
5月の連休以降 休酒生活3か月 すっかり下戸(げこ)の食卓だ

わずか 一口のビールでふらふらになる ていたらく
もう もとの 呑んべいに 戻れないのではと いじましく 不安がる

酒は無くとも 上機嫌
酒 飲まずとも 友は友 なれども

どうか「背負い酒」が底をついていませんように と祈る ノンアルコールの日々である






年々歳々

  1. 2016/08/10(水) 05:11:13|
  2. 週刊「玉能回路」
  3. | コメント:0

「うまいよ」と言って 差し出される皿小鉢やタッパー
煮ものだったり 天ぷらだったり お漬物だったり

隣家は晩酌のスタートがとびきり早い
飲み始めたご主人は まず奥さんのこさえる酒肴を上手に褒める
塩加減がいいなぁ 焼き具合どんぴしゃだなぁ 
隣りにも喰わせてやりたい 喜ぶぞぉといって 小分けにする

山菜の時もある 炊き込みご飯の時もある
一杯機嫌の笑顔と一緒に届く季節の味
ここ何年も 初物は隣家からのお福分けだった

そのお隣りが 老後のことを熟考して
鍵ひとつで暮らせるマンションへと引っ越して行った

トラックが行き交った炎暑の一日
感慨に浸る間もなく 今日はもう 解体業者のチェーンソーの音
ご夫妻丹精の庭は一日で消えた

何かが終わった 
が 寂しさはさておき、感謝は胸に置き
隣家も我が家も 新しい暮らしが 始まった




小康状態

  1. 2016/08/03(水) 05:44:18|
  2. 週刊「玉能回路」
  3. | コメント:0
春の海 ひねもす のたりのたりかな
いや
夏の日も ひねもす のたりのたりかな

そんな日も あっても いいのだろう

隣室のテレビから ねぶた囃子が 聞こえてくる
叔母にも 夏が来た



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。