• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

玉能回路

週刊「玉能回路」は毎週水曜日更新です。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中で

  1. 2017/08/23(水) 05:15:19|
  2. 週刊「玉能回路」
  3. | コメント:0

地下鉄の乗り口を探してウロウロした官庁街
ようやく見つけた券売所で 急げば旧式の記念号に乗れると知らされた

やってきたのは普通の車両だが 乗ってみるとやけに視界が広い
しかも どんどん 山道を下る様に降りてゆく
官庁街の下にこんな大自然があるわけがないと思いながら 
次々と現れる大パノラマに歓声をあげる
あれっ もう紅葉なのだと思った時には 
線路の左右を散策する人も見えた

あっという間に 次は仙台駅だと言われ
3人しかいない乗客の一人が
「下りもいいが なぁに10数分 さっきのところまで戻って
 登りの景色も楽しもうじゃないか」と言ったところで目が覚めた

秋の長雨のような天候が続いているからこんな夢を見るのだろうか

わけあって 通えずにいる 秋保(あきう)の山々が恋しくて 木々の夢を見るのだろうか

ふと思った
トマトや南瓜や小松菜が夢に出てきて 緑黄色野菜が足りませんと教えてくれたり
一升瓶やワインボトルに追いかけられて お酒が過ぎると警告されたり
小人さんが現れて こんな時間に起きていないで 
もっと ゆっくり休みなさい と 眠くなる踊りを踊ってくれたり
そんな 個人仕様の夢もあれば いいのに

あぁ それにつけても 青空の恋しさよ
夢の中の 地下鉄は 地下鉄なのに快晴だった






スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。